コロナ対応に全力 いのちと暮らしを守る

 新型コロナウイルスの感染を極力抑え、富士見町民のいのちと暮らしを守ることが重要です。感染防止対策に加え、継続的な健康づくりが欠かせません。

また、新型コロナウイルスの感染拡大で、飲食店や宿泊業を中心に富士見町の地域経済は深刻な影響をうけています。富士見町での感染だけでなく、首都圏等での緊急事態宣言などが大きく影響しています。

コロナウイルスの感染拡大の未然防止へ  

3密を避けるライフ・ワークスタイルの推進により、感染拡大を未然防止を図ります。町役場が率先して職場におけるテレワークやオンライン会議を活用することにより、新しい働き方を広げていくことも重要です。

テレワークの推進は、子育てや介護を行っている職員が、家庭生活と両立しながら働くことのできる環境にもつながります。オンライン会議は、移動する時間や労力を削減することにもつながります。

自然を生かした免疫力の向上へ

 新型コロナウイルスの感染拡大が長期化する中では、3密を避けるだけでなく、免疫力を向上させ感染しにくい健康づくりも重要です。免疫力向上のためには、適度な運動、睡眠、バランスの取れた食事に加え、笑うことなども重要です。

 富士見町には素晴らしい自然に恵まれています。林の中で体操やヨガをすることは、とても気持ちよく免疫力向上につながります。分水の森では第1、第3水曜日の朝に”朝活”として体操がおこなわれています。このような取り組みを様々なところに広げ、”健康づくり”をしながら、交流をすすめていくこともいいですね​。

​町内事業者の商品・サービスの率先購入と配達の仕組み

​ 感染拡大で深刻な影響を受けている飲食店や宿泊業。富士見町には、とてもおいしい食事を提供する飲食店やとても快適に過ごすことのできる宿泊施設がたくさんあります。また、町内には、私たちの暮らしを豊かにする製品やサービスを作っている事業者が数多くあります。このような地域の皆さんが販売されているものやサービスを町民のみなさんに積極的に情報提供するとともに、行政が率先して購入し、その良さを発信していくことも重要です。

 2021年3月まで行われていたお弁当の配達は、高齢者だけでなく、若い人たちも含め数多くの住民の方が活用されていました。お弁当を届けることにより、配達する事業者と住民との交流の機会やお年寄りへの見守りにもつながります。また買い物に行くのが難しい高齢者からもとてもありがたかったとの声があったそうです。このような配達の仕組みを移動販売等と組み合わせて、継続していくことが重要です。